川口農業ブランド推進協議会

認定基準と認定区分


認定基準
  1. 川口市長が認定をした認定農業者が生産した農産物であること。
  2. 川口市内で5年以上営農していること。
  3. 会員団体1団体以上かつ、会員団体の構成者3人以上の推薦を受けていること。
  4. 高付加価値化・ブランド化しようとする農産物の今後の事業展開に明確なビジョンが示されており、申請者の経験や実績又は今後の事業展開への意欲等から判断して、将来にわたり安定的・継続的な販売が見込まれ、川口市のイメージ向上に加え、地域振興及び活性化への貢献が期待できること。
  5. 川口の気候と風土に適しており、川口の農業者の知恵と努力により育まれた農産物であること。
  6. 消費者や流通関係者から高い評価を受けていること。
  7. 他の地域で生産、製造される類似の農産物と比較して、価格が適正であり、品質、味見、機能や価値等の面で特筆すべきものがあること。
  8. 価値に優れ、一定の品質・クオリティを保持できる体制(生産・販売手段、消費者からのクレーム等への対応等)を有しており、需給バランスに沿って市民をはじめとする消費者に提供できるものであること。
  9. 食用の農産物については、関係法令のほか、さいたま農業協同組合農産物直売所の基準に準じ、ポジティブリスト制度(食品に残留する農薬等に関する制度)及びトレーサビリティ(食品の移動把握)を遵守したうえで、生産履歴を記録し、必要に応じて提出ができること。
  10. 植木を中心とする花きについては、市内の農地での最低1年以上の良好な管理・生育実績(現在又は過去)があり、生産履歴があること。

    なお、播種や定植などから出荷までの期間が1年以内である農産物についてはこの限りではない。

認定区分
川口農業ブランド認定 ★ ★ ★認定基準1~8の全8項目及び9又は 10に適合し、かつ、優良品認定を受けて1年が満了した農産物
優良認定 ★ ★認定基準2・3・4及び9又は10に適合し、かつ、他の認定基準3項目も含め合計7項目以上に適合し、推奨品認定を受けて1年が満了した農産物
推奨認定 ★認定基準2・3・4及び9又は10に適合し、かつ、他の認定基準1項目も含め合計5項目以上に適合している農産物